シャフトテクノロジー

EX Pro Shaft

Exceed Cueのオリジナルシャフトとして設計されたEX Proシャフトは、ジョイント側から約470mmの2段構造カーボンファイバーを芯材として埋め込むことで、シャフトのしなりを均一化しパワーを増強。またシャフト先端部の新構造(EXフロントエンドテクノロジー)により、ノーマルシャフトのようなナチュラルな撞感と、さらなる低ディフレクション化を実現。Zan Plus Sティップ標準装備、オリジナルEX Proテーパーがキュー切れをよりいっそう向上させる。

EX フロント エンド テクノロジー

インパクトの瞬間に「トビ(ディフレクション)」を決定づける要因であるフロントエンドを新開発、先端をNXフェーラル、メープル、カーボンパイプの3重構造で構成。さらに先端側から約15cmはメープルと軽量フォームコアで構成。これらの構造により、手球とシャフト先端部とのレスポンスを向上させながら低ディフレクションを実現。パワーやヒネリを容易に手球に伝えることを可能にしました。

斬Plus S ティップ

ピグスキンの積層ティップ。弾力がありながら復元率の高い革を使用することにより柔らかいタッチを持続させ性能安定性及び形状維持力を大幅にアップさせた高性能ティップ。手球のコントロール性能を向上させる

NXフェーラル

数々の試験を行い、フェーラル専用に選び抜かれた2つの樹脂を掛け合わせた最新素材からなるハイブリッドフェーラル。剛性を持ちながら弾力性もあり、手球を撞いた際の瞬間衝撃を吸収し、スピンを向上させる。

ハイブリッド カーボンコア(HCC)テクノロジー(特許取得済)

ハードメープルシャフトの芯に、新たに設計した2段構造のカーボンファイバーをジョイント側から約470mmまで埋め込みシャフト全体のしなりと振動を均一化、手球のコントロール性能を向上させる。